製作

PASMOと回数券を入れるケースを作ってみた

更新日:

母が最近電車に乗って病院へ通っているのですが、電車賃を浮かせるために回数券を使っています。で、回数券とPASMO入れられるケースあったらちょっと便利じゃないかと思って作ってみました。

材料

今回はヌメ革を使いました。いつも使っている1mm厚のものです。


【メール便可】ヌメ革 タンロー/A4サイズ

作業

まずはいつものようにさっくりと型紙を作成します。いつものようにダイソーの方眼紙で作りました。

左の大きな四角形が外側部分で、右の2枚が内側のカードポケット部分です。今回のはPASMO1枚と回数券を入れるだけのシンプルで単純な作りにしますので、型紙もシンプルでパーツ数も少ないです。

ヌメ革に罫書きしてカッターで切り出します。以前は別たちを使っていましたが、最近ではカッターに回帰しました。昔から使っていてこちらの方が扱いやすいです(∩´∀`)∩

切り出し終わったら床面をトコノールで磨きます。写っているヘラはキャンドゥかダイソーで買った料理用のヘラ。接着剤やトコノールがくっつきにくくて便利です。ヘラで塗り込んだ後はガラス板で磨き上げてフィニッシュ。

ついでに縫い合わせない辺のコバもこのタイミングで磨いておきます。水で軽く磨いた後でコバワックスを付けて磨きました。

まずは赤い点線部分を縫います。この縫った左右の部分が回数券入れになります。左に未使用分を入れ、右に乗車中なくさないように入れておく、、そんな感じの使い方を想定しています。

ずれないようにマスキングテープで固定してみましたが、剥がしたら悲惨なことになったので真似しないように気をつけてください。。orz

縫い上がったらこんな感じです。テープの跡がくっきりですね。。粘着力弱いので大丈夫だと思ってたのですが、、、、

まぁ気を取り直して次の工程です。先ほどのパーツと残るパーツを重ねて位置決めをしたら周囲をボンドで接着します。

そして周囲を縫い合わせ、はみ出た部分をカットします。

角っこを丸めてコバを磨いたら完成です。

関連するコンテンツ

-製作
-, ,

Copyright© ツクルヒト , 2020 All Rights Reserved.