道具・材料

ブラシの柄からウッドスリッカーを作ってみた

更新日:

先日部屋の片づけをしていたら昔使っていたバイクのチェーン清掃用のブラシがでてきました。もう使うこともないのでリフォームしてウッドスリッカー的な、コバ磨き道具を作ってみることにっ(∩´∀`)∩

ウッドスリッカー

コバ磨きに使う道具で↓のようなものですね。

Active Island コバ磨き 檀木 製 レザークラフト ヘリ磨き 仕上げ a573 (ウッドスリッカー)

樫や黒檀のような固い木で作られています。

で、私は今まで革の端切れなどでコバを磨いていたのですが、ちょっとこういった道具でも磨いてみたいなぁ、、なんて思いから自作してみました。個人的に溝は使わない派なので掘っていません。

冒頭で述べたようにブラシの柄の部分を加工して作成しました。柄が竹製だったので正しくはバンブースリッカーとでもいうべきでしょうか。

 

作業

今回材料として使用するブラシは↓こちら。柄の部分が微妙にカーブしているのでその辺も利用します。

まずはミニ鋸で不要な部分をカットします。今回使用したのはデザインカッターの刃の部分に取り付けられるものです。

カットした部分が直角になっていないので紙やすりで整えます。

先端をナイフで削って細くします。

そしてナイフで大まかに削り、ルーターで微調整して紙やすりの240番までかけて仕上げるとこんな感じ↓。

先端がぶつぶつしていて気持ち悪いですねぇ、、蓮コラみたいな。。orz

サイズはカッターと比較して↓くらいです。

使ってみる

1mmくらいのヌメ革を貼り合わせてテストピースを作り、使い勝手を確認してみました。

使い勝手はぼちぼち(∩´∀`)∩

磨きあがりも艶がでていい感じです。

今回はテストなので 貼付け→カット→ヘリ落とし→水で磨く という工程で作業しました。紙やすりをかけるなどして凹凸を無くせばかなり綺麗に仕上がるのではないでしょうか。あとはトコノールや蜜蝋使ったらもっと綺麗になりそうですね。

 

最後に

今回、不用品を材料として道具を自作してみました。握った具合や使い勝手は満足いくものができました。

このように自分で道具を作ると、自分好みの道具に仕上げることができますし、何よりも愛着が湧くのでオススメです。

みなさんも是非何か道具を作ってみてくださいねっ!(∩´∀`)∩

***** 追記 *****

実際に使った感想を記事にしてみました。↓

関連するコンテンツ

-道具・材料
-, ,

Copyright© ツクルヒト , 2019 All Rights Reserved.