裁縫・手芸

子供のレッスンバッグ(手提げカバン)作ってみた!

投稿日:

最近モノ作りをしていませんでしたが、家内から要請を受けてレッスンバッグ(手提げカバン)を作りました。子供が幼稚園入るまでには裁縫を覚えようと考えていましたが、意外に早く出番が来てしまいました/(^o^)\

という訳でお子様用の手提げカバンの作り方やら実際した作業について書いていきます~(∩´∀`)∩

レッスンバッグ

今回作ったのは息子が英会話教室に通う際にプリント類を入れる手提げカバンです。英会話教室と言っても遊び感覚なので同世代のお友達でもできたらいいな~という感じ(∩´∀`)∩

んで材料はいつものダイソーさんで購入したデニム生地とチェックの端切れです。デニムで外側の袋部分を作成し、内側をチェックの生地で作る、そんな感じ。持ち手の部分もデニムとチェックを張り合わせた感じで作っていきます。

作業

今回、A4サイズのクリアファイルが入るサイズを作ります。これは新聞紙の4つ切りサイズが丁度いいので、これを型紙として利用します。折り返して4つ切りサイズなので新聞の半分で丁度いい計算!

半分に折った状態の新聞紙を布地にあて、マチ針を打ってズレないように固定します。固定できたら新聞紙に合わせて裁ちばさみで切っていきます。ズレないように切るのが地味に難しい。。今回4隅だけ止めましたが、各辺も止めたほうが良さそうです。

裏地とデニム、それぞれ新聞紙サイズに切り出しました。

次に裏地の余りで取っ手部分を作ります。これは残りの部分を半分にしたら丁度良いサイズだったので型紙無しです(∩´∀`)∩デニムは裏地を当てて切り出しました。

細長いのが2本ずつ出来たら、長辺を5ミリくらいずつ内側に折り返します。↑

そして重ねたらマチ針で固定↓

折った部分が開いてくるので沢山打ってます。

そしてミシンで縫い合わせると↑のような感じになります。これが取っ手となります。

次に本体部分にポケットと取ってを縫い付けます。

ポケット部分は4編を裏側に折り返し、取り出し口の部分だけ先に縫ってあります。そしてイニシャルの R ワッペンをアイロンで貼り付けました。母だったか家内だったかが何処かから5枚50円で買ってきたヤツです。

ポケットも位置決めしたらマチ針で固定してミシンでダダダッと縫って終わり(∩´∀`)∩

取っ手は上の写真のようにマチ針を打ち、端っこの方からミシンで縫いました。強度を考えてよくあるマスの字(〼)型に縫ってあります。

 

そして最後の仕上げに本体と裏地を縫い合わせていきます。

 

↑取っ手やポケットを縫い付けた側に裏地を乗せて4辺を合わせ、バッグの口になる側の2辺を縫い合わせます。

 

2辺縫えたら開いて(?)デニム同士、裏地同士で縫い合わせます。この時一部分10~15cmほど縫わずに残しておき、最後に裏返します。

裏返したら開いていた部分を縫い付け、裏地をデニム側に押し込んでやって完了です。

最後に

「手提げなんて簡単だろう~」と思って作り始めたものの意外と難しく、、、ミシンの調子が悪いこともあってアチコチ汚い出来となってしまいました(´・ω・`)

と、遠目に見たらそんなの分からないんだからねっ(;∩´∀`)∩テコトデヒトツ

入園グッズとかいってこんなのを簡単に作ってしまう世の中のお母さん方って凄いんだなぁ、、とつくづく思い知らされましたとさ。。

あ、ちなみに材料費は300円くらいでした。ダイソーさんいつもありがとう!

関連するコンテンツ

-裁縫・手芸
-, ,

Copyright© ツクルヒト , 2020 All Rights Reserved.